読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

53歳限界プログラマの憂鬱

SU/CAR-ST-APplication-cellsから派生したプログラマのブログ

本家はこちら↓
f:id:sucar:20151115183011p:plain

SU/CAR-ST-APplication-cellsの安倍野ミックスと申します
来訪ありがとうございます
シストレツールを自作してます

f:id:sucar:20150414193802p:plain

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
にほんブログ村 IT技術ブログ C/C++へ
にほんブログ村 株ブログ 株日記(アフィリなし)へ
←ランキングに
1票お願いします

UNIXに対する憧れ

1993年のUNIXマガジンに(本棚の奥から引っ張り出してみた)

S-PLUS 80万円 の広告があった (S言語の拡張環境)

Linuxを始めたのが、1992年

情報がないので、UNIXマガジンなども買っていた

UNIXに対して憧れがあった

ワークステーション個人で買えば数百万はしただろうか?(もちろん買っていない)

今は、5万のノートPCで

win7の上で minGW を動かし gcc awk などが使え、

S言語のフリーバージョンのR言語も使える

ソフトはフリーなのでお金はかかっていない

もちろんサポートはない

でも、昔から考えると夢のような環境である

あくまで、仕事じゃないので言える話だが、、、

でも、昔から考えると夢のようである

折角なので夢を夢で終わらせないように、といろいろやっているとこです