読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

53歳限界プログラマの憂鬱

SU/CAR-ST-APplication-cellsから派生したプログラマのブログ

本家はこちら↓
f:id:sucar:20151115183011p:plain

SU/CAR-ST-APplication-cellsの安倍野ミックスと申します
来訪ありがとうございます
シストレツールを自作してます

f:id:sucar:20150414193802p:plain

にほんブログ村 IT技術ブログ プログラム・プログラマーへ
にほんブログ村 IT技術ブログ C/C++へ
にほんブログ村 株ブログ 株日記(アフィリなし)へ
←ランキングに
1票お願いします

思索>実践>学習

本家ブログに

supercar.hatenablog.com

なんて生意気なことを書きましたが、、、

まあ、株トレードでいきなり「自分で考えて」「実践」する

とかやると、損する可能性が99.9%なのでお勧めはできませんが、、、

でも何かプログラムを開発する場合

思索>実践>学習

というのはありではないかと、、、

もちろん仕事ではないとしてですが

今、R言語に嵌っていて、わけのわからんエラーに悶絶しながらいろいろやっているのですが、

R言語によるシストレソフトの開発方法」

なる情報があるわけではなく、

何となく「こんな感じのソフトを作ればいいのではないか?」みたいなものが頭の中にあり、

その頭の中のものを実際にコーディングしながら、R言語を学んでいくという、、、

鶏が先か、卵が先か、

みたいな感じですが、なんだかんだしながら(まあ、ソースはグダグダですが)いろいろ動くようになってきた感じです

まあ、実際にうまく行くかはもう少し時間が経過しないとわからないですが

でも、やはりプログラム開発は「思索>実践>学習」でいいんじゃないか?

って思います

どうせ、ユーザーは自分なんで、作りながら、使いながら、直しながらでよいのではないか、と、、、、

それで利益が出れば最高です

まあ油断は禁物ですが

ギリシャ、中国がキナ臭くなってきてるのでw