読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

53歳限界プログラマの憂鬱

SU/CAR-ST-APplication-cellsから派生したプログラマのブログ

本家はこちら↓
f:id:sucar:20151115183011p:plain

SU/CAR-ST-APplication-cellsの安倍野ミックスと申します
来訪ありがとうございます
シストレツールを自作してます

f:id:sucar:20150414193802p:plain

マニュアル 基本コマンド1 su/car (-b) の実体 su/carbuy

(2015/12/17 改定)

(2015/12/19 更に改定)

基本コマンド su/car は単なるスイッチャ―なので、su/car (-b) の実体 su/carbuy の内容を紹介

これも shell script で

-----

#!/bin/bash
echo cd `dirname $0`
cd `dirname $0`
# trsの実行 株データの前処理
echo ./bin/trs
./bin/trs
# 株データセット 1000日分で銘柄決定し200日分を準備
# 1000日-875日(125日遡る)ことでバグ回避
#echo ./bin/data1000_875_200
#./bin/data1000_875_200

#結局元に戻す
echo ./bin/data1000_200
./bin/data1000_200

#mt_rules.csvの自動処理コマンド作成
cat ./mt_rules.csv | awk -f ./awk/mt_buymk.awk > ./mt_rules_buy

##R言語によるシグナル発生(今は未使用)##
#echo ./bin/now05_sl
#./bin/now05_sl
#cd ./R/R05
##echo Rscript 05nowAD_or05c8y.R
##Rscript 05nowAD_or05c8y.R
#echo cp ../rule/rule05c_48y.R ../sub/rule.R
#cp ../rule/rule05c_48y.R ../sub/rule.R
#Rscript 05nowAD_rule.R
##
#cd ../../
##########################################

# 出力データのリセット
rm ./output/car0.txt
touch ./output/car0.txt
rm ./output/buysell.txt
touch ./output/buysell.txt

##旧システムストラテジー
echo ./bin/su6_05c8y
./bin/su6_05c8y
./bin/output0 su6_05c8y

echo ./bin/su6_05cy
./bin/su6_05cy
./bin/output0 su6_05cy

#echo ./bin/su6_05c6y
#./bin/su6_05c6y
#./bin/output0 su6_05c6y

echo ./bin/su6_05c4y
./bin/su6_05c4y
./bin/output0 su6_05c4y

#echo ./bin/su6_05c_y
#./bin/su6_05c_y
#./bin/output0 su6_05c_y

echo "./bin/su6_mm24_0 53% 5day"
./bin/su6_mm24_0
./bin/output0 su6_mm24_0
#

#
echo "./bin/su6_nofilter_mp16_2 9% 2day"
./bin/su6_nofilter_mp16_2
#ナンピンなし 2day
./bin/output2 su6_nofilter_mp16_2
####################


######ここからmtルールでのストラテジ###
#mt_rules.csvの自動処理コマンド実行
./mt_rules_buy

#シグナルレポート出力
sort ./output/buysell.txt | uniq > ./output/car.txt
cat ./output/car.txt > ./output/carall.txt
cat ./output/car0.txt >> ./output/carall.txt
start ./output/carall.txt

#Rでのチャート作成
cat ./output/_now_05cor8ybuy.csv | awk 'BEGIN {FS=","} NR>1 {print $5}' >./output/chart.txt
cat ./output/chart.txt | awk -f ./awk/chart.awk >./output/chart.html

#チャート作成
#cat ./output/chart.txt | awk -f ./awk/chart_m.awk >./output/chart_m.html
cat ./output/car.txt | awk 'BEGIN {FS="\t"} {print $2}' >./output/chart2.txt
cat ./output/chart2.txt | awk -f ./awk/chart.awk >./output/chart2.html

## Rでのシグナル表示とチャート表示(今は未使用)
#start ./output/chart.html
#start ./output/_now_05cor8ybuy.csv

# チャート表示
start ./output/chart2.html

------

こんな感じ かなりグダグダ 詳細はコメント読んでw

メタプログラム的な

#mt_rules.csvの自動処理コマンド作成

#mt_rules.csvの自動処理コマンド実行

が現在の肝かも

R言語によるシグナル発生は今は使ってない)

ただ、mt_rulesのシステムでのストラテジには少しバグがある(ちょっと困ったw)

⇒姑息な手段でバグ回避してみたが、どうだろうか?(2015/12/17)

⇒バグ回避でパフォーマンス低下したので元に戻す(2015/12/19)

supercar.hatenablog.com