53歳限界プログラマの憂鬱

SU/CAR-ST-APplication-cellsから派生したプログラマのブログ

本家はこちら↓
f:id:sucar:20151115183011p:plain

SU/CAR-ST-APplication-cellsの安倍野ミックスと申します
来訪ありがとうございます
シストレツールを自作してます

f:id:sucar:20150414193802p:plain

car_rd とりあえず株データを読むついでに

Protraデータの全銘柄を数え上げると5422銘柄ある

つまり、5422個のcsvファイルがあり、これのアクセスに時間がかかっている

なので、株データを読んで条件を満たした銘柄のデータを読んだついでにそのリストで、銘柄リストを書き換えるようにする

jjhsコマンドを改定し 

.new00 という空のファイルを作り、このファイルがあれば、終了後銘柄リストを書き換えるようなシェルスクリプトを作成

car_rd

-------------------------

echo cd `dirname $0`
cd `dirname $0`

#読み込んで条件満たす銘柄を選定し、code/list00.cfgを更新
./bin/readstock0.exe >t.txt
#./code/.new00があれば list00.cfgを更新
if test -e ./code/.new00; then
  mv t.txt ./code/list00.cfg
  rm -f ./code/.new00
fi

-------------------------

効果の確認

jjhs 実行直後だと処理時間約1分

2回目の実行は 約28秒

開発中は頻繁にコマンド実行することになるので、この差は大きい